◎リンドウ&キッコウハグマ・他・

10月~27日、奥高尾を散策・・リンドウ・キッコウハグマが咲き始めました・・
この花達が咲くと・・今年の花は終盤を迎える・・・センブリは今が見頃・・
この後は各種実ものや・・キジョランの種髪・シモバシラを待つ!・・

  PA277107-001.jpg  PA277110-002.jpg
  キッコウハグマ ↑                   キッコウハグマ ↑

  PA277152-003.jpg
  リンドウ① ↑

  PA277154-004.jpg  PA277156-005.jpg
  リンドウ② ↑                      リンドウ③ ↑

  PA277167-006.jpg
  センブリ① ↑

  PA277168-007.jpg  PA247041-035.jpg
  センブリ② ↑                      センブリ③ ↑

  PA277177-009.jpg  PA277145-011.jpg
  ツルリンドウ(実) ↑                  セキヤノアキチョウジ ↑

  PA277132-012.jpg  PA246989-033.jpg
  アキノキリンソウ ↑                  マルバノホロシ(実) ↑

  PA247008-032.jpg  PA247054-036.jpg
  ミヤマシキミ(実) ↑                  チヂミザサ ↑

  PA247083-037.jpg  PA277098-010.jpg
  コシオガマ ↑                      十月桜 ↑

  PA247055-031.jpg
  ヤクシソウ ↑

  PA247067-038.jpg
  チカラシバ ↑

  PA277130-013.jpg
  アサギマダラ ↑


  

  

スポンサーサイト

◎センブリ(高尾山)・他・

20日、奥高尾を散策・・高尾山系の「センブリ」を観察してきた・・やはり陣馬山の
センブリとは形・色等がやや違う様だ・・高尾山のセンブリはハナビラが星型で色も
白い・・10月も半ばを過ぎ、色々な実ものが増えてきた・・マヤランがまた咲いていた。
羽にマーキングをされたアサギマダラを発見!・・初見・・

  PA206916-001.jpg  PA206920-002.jpg
  センブリ① ↑                      センブリ② ↑

  PA206911-003.jpg  PA206906-004.jpg
  センブリ③ ↑                      センブリ④ ↑

  PA206962-005.jpg  PA206960-006.jpg
  コマユミ(実) ↑                     キジョラン(実) ↑

  PA206974-007.jpg  PA206969-008.jpg
  カンアオイ ↑                      ウスゲタマブキ ↑

  PA206932-009.jpg  PA206944-010.jpg
  シロツリフネ ↑                     タチツボスミレ・返り咲き・ ↑

  PA206863-011.jpg  PA206844-012.jpg
  キチジョウソウ ↑                   ツルギキョウ ↑

  PA206829-013.jpg  PA206836-014.jpg
  マヤラン ↑                       タカオヒゴタイ ↑

  PA206939-015.jpg  PA206937-016.jpg
  フユノハナワラビ ↑                  コウヤボウキ ↑

  PA206979-017.jpg  PA186702-⑲
  セキヤノアキチョウジ ↑               ヤクシソウ ↑

  PA206854-019.jpg
  アサギマダラ① ↑

  PA186708-19-1.jpg
  アサギマダラ②・マーキング有・・かなり羽が痛んでいる ↑

  PA206858-021.jpg
  ツルグミ ↑







◎センブリ(陣馬山)・他・

10月19日、陣馬山の「センブリ」を見に出かけた・・雲日にて、歩きやすい日だった。
陣馬山のセンブリはハナビラが丸みを帯びており、高尾山のセンブリとDNAが違うか?
クルマアザミは終盤にて何とか1~2輪つかまえることができた・・リンドウは蕾・・
この秋の異常な気象のせいか・・「ニリンソウ」が1輪咲いていた・・

  PA196786-001.jpg
  センブリ① ↑

  PA196764-002.jpg
  センブリ② ↑

  PA196766-003.jpg  PA196760-004.jpg
  センブリ③ ↑                      センブリ④ ↑

  PA196791-005.jpg  PA196790-006.jpg
  クルマアザミ ↑                    クルマアザミ ↑

  PA196801-007.jpg  PA196805-008.jpg
  ヤマトリカブト ↑                    メタカラコウ ↑

  PA196809-009.jpg  PA196807-010.jpg
  ベニバナボロギク ↑                  ニリンソウ(返り咲き・・) ↑

  PA196795-011.jpg  PA196794-012.jpg
  キバナアキギリ ↑                   リンドウ(蕾) ↑

  PA196714-013.jpg  PA196761-014.jpg
  オヤマボクチ ↑                    ヤクシソウ ↑

  PA196813-015.jpg  PA196824-016.jpg
  ウシハコベ ↑                      セイタカアワダチソウ ↑

  PA196730-017.jpg
  コウヤボウキ ↑







◎コシオガマ・他・

10月13日、花仲間6人にて奥高尾を歩いた・・センブリを目標にしていたが、
まだ早く・・1分咲き程度・・代わりに「コシオガマ」に2箇所で出会い・ラッキー
薄紅ツリフネソウ・ピンクのオケラ・フトボナギナタコウジュ・ツリバナ等にも
会えて、この時期にしては、マズマズの散策だった・・

  PA136604-001.jpg  PA136516-002.jpg
  コシオガマ ↑                      コシオガマ ↑

  PA136520-003.jpg  PA136526-004.jpg
  キバナアキギリ ↑                   リュウノウギク ↑

  PA136522-005.jpg  PA136571-006.jpg
  ヒヨドリバナ ↑                     アキノキリンソウ ↑  

  PA136524-007.jpg
  ヒヨドリバナ ↑

  PA136556-008.jpg  PA136579-009.jpg
  センブリ ↑                        オケラ(ピンク) ↑

  PA136627-010.jpg  PA136615-011.jpg
  サラシナショウマ ↑                  ナギナタコウジュ ↑

  PA136601-012.jpg  PA136612-013.jpg
  コウヤボウキ ↑                    ベニバナヤマシャクヤク(そう果) ↑

  PA136639-014.jpg
  ツリフネソウ(薄紅) ↑

  PA136655-015.jpg  PA136656-016.jpg
  ツリバナ ↑                        トキリマメ(実) ↑

  PA136650-017.jpg  PA136661-018.jpg
  キハギ ↑                        オヤマボクチ ↑

  PA136635-019.jpg  PA136647-020.jpg
  フトボ、ナギナタコウジュ ↑             アキカラマツ ↑

  PA136623-021.jpg  PA136625-022.jpg
  ツリフネソウ ↑                     ツリフネソウ(そう果) 弾ける寸前! ↑

  PA136620-023.jpg  PA136608-024.jpg
  ハナヤクシ ↑                      シロヨメナ ↑

  PA136572-025.jpg
  シラネセンキュウ ↑


  





  

◎アケボノソウ・他・

10月10日・三連休の最後の日・・南高尾を歩いた・・高尾山口の駅は人・人・人で一杯!
南高尾方面はそれほどでもなかったが、それでも、いつもより人は多かった・「アケボノソウ」
をはじめ、シャクチリソバ・ツリフネソウ(薄紅)・シロツリフネ・サクラタデ・タカサブロウ等に
出会い、満足の散策だった・・・沢を渡るときは石の苔に気を付けよう・・・((笑))

  PA106439-001.jpg  PA106434-002.jpg
  アケボノソウ ↑                     アケボノソウ ↑

  PA106441-003.jpg
  アケボノソウ ↑

  PA106464-004.jpg  PA106466-005.jpg
  オケラ ↑                         コウヤボウキ ↑

  PA106472-006.jpg  PA106489-007.jpg
  薄紅・ツリフネソウ  ↑                薄紅・ツリフネソウ ↑

  PA106497-008.jpg  PA106500-009.jpg
  シロツリフネ ↑                     シロツリフネ ↑

  PA106482-010.jpg  PA106481-011.jpg
  セキヤノアキチョウジ ↑               セキヤノアキチョウジ ↑

  PA106372-012.jpg  PA106390-013.jpg
  シャクチリソバ ↑                    サクラタデ ↑

  PA106428-014.jpg  PA106510-015.jpg
  ヤブコウジ ↑                      クマツヅラ ↑

  PA106456-016.jpg  PA106425-017.jpg
  ヤクシソウ ↑                      ミヤマシキミ(実) ↑

  PA106397-018.jpg  PA106403-019.jpg
  タカサブロウ ↑                     ホウキダケ ↑

  PA106381-020.jpg  PA106411-021.jpg
  ヤマブドウ(実) ↑                   サラシナショウマ ↑

  PA106394-022.jpg
  コナギ ↑








◎ムラサキセンブリ・他・

10月7日、延び延びになっていた、T山へ行ってきた・・曇り日にて富士山はかすみ
見えなかったが、涼しく、汗はほとんどかかず、過ごしやすい散策となった・・目的の
「ムラサキセンブリ」はまだまだ残っていたが、セイタカトウヒレン等はすでに終わっていた。
今年は総じて、花の開花が早くすでに散った花が多かった・・ヒキオコシ、コシオガマ
ヤマラッキョ等は何とか間にあった・・「リンドウ」は見頃・・

  PA076261-001.jpg  PA076252-002.jpg
  ムラサキセンブリ ↑                  ムラサキセンブリ ↑

  PA076357-003.jpg  PA076276-004.jpg
  コシオガマ ↑                      コシオガマ ↑

  PA076338-041.jpg  PA076323-042.jpg
  コウゾリナ ↑                      リンドウ ↑

  PA076194-005.jpg
  リンドウ ↑

  PA076185-006.jpg  PA076211-007.jpg
  ヤマラッキョ ↑                     ヤマラッキョ ↑

  PA076179-008.jpg  PA076190-009.jpg
  サラシナショウマ ↑                  ハバヤマボクチ ↑

  PA076209-010.jpg  PA076239-011.jpg
  カワラナデシコ ↑                    オケラ ↑

  PA076306-012.jpg  PA076341-013.jpg
  ヒキオコシ ↑                      フシグロ ↑

  PA076162-014.jpg  PA076265-015.jpg
  ユキザサ(実) ↑                    タチコゴメグサ ↑

  PA076163-016.jpg
  ヤマトリカブト ↑

  PA076287-017.jpg  PA076329-018.jpg
  ヤクシソウ ↑                      ナギナタコウジュ ↑

  PA076289-019.jpg  PA076243-020.jpg
  タチフウロ ↑                      マツムシソウ ↑

  PA076272-021.jpg  PA076295-022.jpg
  イヌザンショ(実) ↑                  ガマズミ(実) ↑

  PA076192-023.jpg
  ウラナミシジミ ↑








  

◎キチジョウソウ・他・

10月4日・・大平林道~奥高尾方面を散策してきた・・「キチジョウソウ」が見頃・・
サラシナショウマは今年初見・・メナモミ・シロツリフネ・等が綺麗に咲いていた・・
「イヌセンボンダケ」はユニークなキノコであった・・山間の家の庭の「シュウメイギク」
が印象に残った・・

  PA046085-001.jpg  PA046134-002.jpg
  キチジョウソウ ↑                    シロツリフネ ↑

  PA046133-003.jpg
  サラシナショウマ ↑

  PA046102-004.jpg  PA046103-005.jpg
  ミゾソバ ↑                        ヤクシソウ ↑

  PA046065-006.jpg  PA046143-007.jpg
  シラネセンキュウ ↑                  ノブドウ(実) ↑

  PA046039-008.jpg  PA046052-009.jpg
  オクモミジハグマ ↑                   キジョラン(実) ↑

  PA046073-010.jpg
  メナモミ ↑

  PA046045-011.jpg  PA046125-012.jpg
  イヌセンボンダケ ↑                  センボンヤリ(そう果) ↑

  PA046148-013.jpg  PA046153-014.jpg
  ベニバナボロギク ↑                  アメリカイヌホウズキ ↑

  PA046060-015.jpg
  アサギマダラ ↑

  PA036006-021.jpg
  シュウメイギク ↑
  



  

◎マヤラン&白花ツリフネソウ・他・

9月30日~10月3日・・南高尾山麓を歩いた・・Kさんの情報もあり「マヤラン」の
良い株に出会えた・・初めて見る「イボクサ」や白花の「ツユクサ」&白花「ツリフネソウ」
ヒメオトギリ・カラスウリの実にも出会えた・・キンモクセイの甘い香りが印象に残った。
シャクチリソバも咲き始めた。・・「アレチウリ」は長野県等では、侵略的外来植物として、
生態系を破壊するとして、毎年、駆除作業が実施されているようである・・

  P9305810-001.jpg  P9305812-002.jpg
  マヤラン ↑                       マヤラン ↑

  P9305906-003.jpg  P9305915-004.jpg
  ツユクサ(白花) ↑                   キツネノマゴ ↑

  P9305889-005.jpg  P9305892-006.jpg
  ワルナスビ ↑                      ワルナスビ ↑

  P9305923-007.jpg  P9305878-008.jpg
  コケオトギリ ↑                     イボクサ ↑

  P9305867-009.jpg  P9305868-010.jpg
  キンモクセイ ↑                     キンモクセイ ↑

  P9305848-011.jpg  PA036017-012.jpg
  コシオガマ ↑                      白花・ツリフネソウ ↑

  P9305897-014.jpg  P9305845-013.jpg
  カラスウリ(実) ↑                   アキノタムラソウ ↑

  P9305853-015.jpg  P9305831-016.jpg
  アレチウリ ↑                      ツチグリ ↑

  P9305860-017.jpg
  アレチウリ ↑(電話線にはびこるアレチウリ)

  PA035992-021.jpg  PA036011-022.jpg
  シャクチリソバ ↑                    ヤブマメ ↑

  PA036016-023.jpg
  ヤマミゾソバ ↑                        

  PA035997-024.jpg
  クマツヅラ ↑








◎アケボノシュスラン・他・

秋の長雨が続く・・28日、晴れ間をぬって、奥高尾を散策してきた・「アケボノシュスラン」は
3年ぶりの出会いか・?・・梅雨時の様な陽気に「セッコク」が狂い咲きしていた・・オケラ・
ツリバナ・タカオヒゴタイ・キチジョウソウ・・等が咲く。・・・「コシオガマ」は今年・初見・・
「タマゴタケ」は今年は良く見る・・雨の多いせいか・・

  P9285654-001.jpg  P9285751-002.jpg
  アケボノシュスラン ↑                 オケラ ↑

  P9285617-003.jpg  P9285615-004.jpg
  トキリマメ ↑                       セッコク ↑

  P9280010-005.jpg  P9285626-006.jpg
  ミツバフウロ ↑                     ツリバナ ↑

  P9285682-007.jpg  P9285782-008.jpg
  ミゾソバ ↑                        キチジョウソウ ↑

  P9285696-009.jpg  P9285733-010.jpg
  ツリフネソウ(薄紅) ↑                 ツリガネニンジン ↑

  P9285731-011.jpg  P9285734-012.jpg
  コシオガマ ↑                      フジレイジンソウ ↑

  P9285797-013.jpg  P9285785-014.jpg
  タカオヒゴタイ ↑                    ホトトギス ↑

  P9285776-015.jpg  P9285801-016.jpg
  タマゴタケ ↑                      ツチグリ ↑

  P9285769-017.jpg  P9285766-018.jpg
  シモバシラ ↑                      ナツノハナワラビ ↑









  
プロフィール

蕎麦正

Author:蕎麦正
多摩西部在住の70歳を過ぎたシニアです。高尾山などを歩き、野花の映像を撮るのを楽しみにしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR